医療裁判用鑑定

3.医療裁判用鑑定

当社のネットワークにより、各診療科の専門医が画像診断・カルテ(診療録)を総合的に鑑定。医療過誤訴訟の証拠資料としてご利用いただけます。
画像データがない場合もご相談ください。
 

医療裁判用鑑定

【医療過誤の証拠となる資料を提供いたします】

各診療科の専門医が画像データやカルテ(診療録)を精緻に鑑定し、意見書を作成します。
鑑定担当医の経歴書を始め、参考文献等もご提供いたします。

 

【鑑定前の事前精査のみで終了することもできます】 

ドラフト作成に進む前に、資料を精査して意見書の方向性をお伝えします。
ドラフト→意見書作成に進むかどうかはその結果によってご判断いただけます。

 
 

【係争相手の反論にも対応します】

鑑定書発行後のフォローアップとして、係争相手からの反論を受けた際には追加意見書の作成もいたします。(※別途料金を申し受けます。)

 

サービス概要

  • 用途 :    医療裁判
  • 担当医師:整形外科・放射線科・脳神経外科・その他各診療科専門医
  • 料金:      ¥400,000/件~(事前精査料金含む)
  • 添付資料:意見書 医師経歴書 参考文献

鑑定のステップ

お申込書・資料ご送付

事前精査サービス

※事前精査に進まれる前にお見積りをご希望の場合は、予めお申し出ください。                                       ※事前精査結果のみで終了することもできます。                                                    ※ご意向に沿わない結果となった場合でも費用は発生いたします。

お見積り・ご請求

各診療科専門医による鑑定

ドラフトご提示 

鑑定書発行前に医師の意見書をご確認いただけます。                                                  ※ドラフト提示のみで終了することもできます。                                                     ※着手金をご入金後約4〜5週間

 

鑑定書発行 

※残額をご入金後約1週間

 

事前精査サービス

クライアント様より医学的な相談を受けられた際、

「意見書の作成が妥当なのか?」

「勝訴の見込みがあるのか?」

「意見書の方向性は?」

「そもそも訴訟するのが妥当か?」

等、鑑定依頼の前に確認したいことはありませんか。

「事前精査サービス」は、このように鑑定依頼を迷われている案件や、鑑定前に確認しておきたい事柄について、案件毎に最も適切な診療科の専門医が事前に資料の精査を行い、メールにてご回答させていただくサービスです。

事前精査結果のみで終了することもできますので、お気軽にご利用ください。

 

料金:鑑定サービス料金に含みます。

事前精査のみで終了する場合:¥100,000/件

事前精査サービスについてのお問い合わせはこちら

 
 

追加意見書作成

係争相手からの反論に対する意見書の作成をいたします。

料金:個々にお見積りいたします。

納期:ご入金後約4〜5週間

追加意見書作成についてのお問い合わせはこちら

医師との面談

お申込み中の訴訟案件に限り、医師との直接面談でのご相談も承ります。

料金:¥15,000/30分

医師との面談についてのお問い合わせはこちら

 

■各料金には別途消費税がかかります。

ご送付いただく資料

  • 検査画像データ(CD-R/フィルム)

※MRI画像がありますと、より詳細な鑑定が可能な場合がございます。
※画像がなくとも鑑定可能な場合がございます。

  • ​​診療録
  • 相手方との訴外における交渉記録
  • 裁判の概況がわかる資料(訴状・準備書面等) ※裁判が開始されている場合
  • 申込書(ダウンロード)
  • 返信用のレターパックまたは着払い便伝票(誤送付防止の為ご協力をお願いいたします)

送付先

〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜2-1-21 つねなりビル4階

エムアイ・コミュニケーションズ株式会社

TEL:06-6125-5357

インフォメーション

お問合せ・ご相談
06-6125-5357

メールでのお問合せは24時間受付

受付時間/定休日
受付時間

9:00~18:00(平日)

定休日

土・日・祝日

アクセス

〒541-0041
大阪府大阪市中央区北浜
2-1-21 つねなりビル4階