医用画像データ整理サービス

医用画像データと診療データを統合し、

付加価値の高いデータベースの構築をサポート

  • 医療施設での治療実績、患者情報等の蓄積、2次利用に
  • 大学や研究機関での研究発表、論文執筆のためのデータ整理に
  • AIエンジン開発での教師データの作成に

このようなお悩みや問題に

  • 医用画像データとカルテ(電子・紙)が個別に保存されていてデータを組み合わせた分析が難しい。
  • 医用画像データは診断に使用しただけで再活用できていない。
  • データの統合をおこないたいが、医用画像データの専門知識をもったスタッフを確保できない。
  • 研究発表や論文執筆のためのデータ集計に時間と手間がかかっている。
  • 施設の検査精度の客観的評価、向上のために医用画像データとカルテデータを統合したい。

サービス概要

従来、別々に管理されているX線やMRIなどの医用画像データとカルテなどの診療データをリンクさせ、統合したデータベースを構築します。専門的知識や人的コストが必要なデータの整理・統合作業をアウトソーシングすることで、貴施設でのデータの2次利用や分析が容易になり、省力化と効率化を促進します。

メリット

  • 画像処理に長年従事し、専門性の高い医師がデータベース構築のアドバイスをおこないます。
  • 研究発表や統計作成におけるデータ整理の時間や作業を大幅に減らし、本来のデータ解析に注力できます。
  • 医用画像データと診療データを統合することで、新たな利用価値をもつデータベースが構築できます。(紙カルテでも対応します)

サービスの特徴

高い専門性
  • 放射線診断専門医の監修のもと、医学的知識を有するスペシャリストがデータ統合作業をおこないます。
  • 画像鑑定サービスで培った高い専門性と分析能力で医用画像データを読影し、診療データと統合します。
信頼のセキュリティ
  • 長年にわたる医用画像データの取り扱い実績があり、個人情報の保護、運用が適切であることを保証するPマークも取得しています。
  • ハンドキャリーでデータの受け渡しをおこない、データの保全を確実におこないます。
  • 各扉の鍵はセキュリティカードで施錠し、厳重に管理されています。
  • オフィスに防犯カメラを設置し、情報漏洩対策・防犯対策をおこなっています。
  • オフライン端末で作業を実施いたしますので、外部に漏洩する心配がございません。操作権限を適切に付与し、端末へのアクセスを制限しています。
  • OSやソフトウェアは常に最新状態で使用しています。
  • ソーシャルエンジニアリングを常に意識し、セキュリティの向上に努めています。
ニーズに柔軟に対応
  • 依頼者様のご要望をお聞きし、ニーズに対応したデータベースを柔軟に構築します。
  • データ統合作業進行中に一部データを開示し、ニーズに即しているか確認できます。

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。                

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~18:00(平日)
定休日:土・日・祝日

お電話でのお問合せはこちら

06-6125-5357